barry lancet barry lancet
home barry books jim brodie newsletter news-interviews appearances faq japan writers corner bookplates contact media
facebook twitter goodreads email
Home  |  著者紹介  |  そのほかの賛辞へ  |  日本で原書を買う  |  ニュースレター  |  よくあるご質問
蔵書票(ブックプレート)と贈り物について  |  お問い合わせとメディア

『ジャパンタウン』への賛辞


「洗練された国際スリラー。日本で暮らして働いた25年以上の経験によって、ミステリーの歴史的側面は幅広い知識によって支えられ、アクションには鋭い緊迫感がある」
   —―『ニューヨーク・タイムズ』ブックレビュー

「2013年にデビューした作家の中でも一、二を争う面白さ。サンフランシスコからランセットの第2の故郷である東京まで駆け抜ける、ピンと張り詰めた国際スリラー」
   —―「サスペンス・マガジン」

「生き生きとした、かつ複雑な登場人物に彩られた見事な物語。最後の最後まで謎解きに目が離せない」
   —ラリー・ボンド(『パブリッシャーズ・ウィークリー』誌が選ぶアメリカが誇る代表的スリラー作家の1人)

「アクションにあふれ、緊迫した場面に満ちたバリー・ランセット氏の作品はまるでエルモア・レナード張り。事件の捜査は東京からニューヨークへ、そして必然的に、サンフランシスコ内のたった6ブロックを占めるジャパンタウンへと戻る。古物商かつ私立探偵の主人公ジム・ブローティは、東西文化が衝突する日の当たらない世界で危険な道を歩んでいく」
   —ロナルド・ケスラー(FBI、CIA、シークレット・サービス関連の著書多数のベストセラー作家)

「ざらついた街サンフランシスコからエキゾチックな東京まで、息を付かせぬ展開が繰り広げられる。最初のページから最後までまったく飽きさせない」
   —テイラー・スティーブンス(20ヵ国以上で翻訳されているベストセラー作家)

「類まれなる才能と将来性に恵まれた作家がとてつもないデビューをこの作品で果たした。スピーディな展開と独特の空気感の中、ランセット氏はアートとバイオレンス、過去と未来、そして西洋と東洋の見事な融合をつむぎ出している」
   —T・ジェファソン・パーカー(ミステリー作家・2度のMWA賞<アメリカ探偵作家クラブ賞>受賞)

(翻訳・浦田未央)